インプラント治療
  1. トップ
  2. インプラント
  3. 専門医による解説

インプラント専門医による解説

天然歯は虫歯や歯周病、事故など様々な状況で使い続けることが出来なくなり、抜歯せざるを得なくなります。現在の治療には3つの選択肢があり、入れ歯・ブリッジ・インプラント …となります。

保険内の治療

入れ歯

唯一、取り外しが出来てお掃除が簡単な治療法です。
隣の歯にバネを引っ掛けて維持させます。このとき必要に応じてバネを止める場所を削る必要があります。またバネは金属で出来ていますので前のほうの歯では、笑った時や食事の時に見えてしまいます。隣の歯と歯茎に負担をかけますので長期間使い続けると歯茎など周りの組織を減らす事があります。取り外しが出来るので修理が比較的簡単に出来ます。

ブリッジ

取り外しをしなくて済み、比較的見た目も自然な感覚も得られます。ただし、必ずなくした歯の隣の歯を削って何本かつなげて被せ物をします。削られた歯は寿命が短くなりやすいのも統計から分かってきています。

保険外の治療(自費治療)

インプラントを含む全ての治療

インプラントは骨に直接支持させるため、周りの歯や歯茎に負担がありません。今までは最後方の歯を失った場合には必ず入れ歯になりましたが、インプラントは独立して修復できるために様々な症例に適応できます。もちろん総入れ歯の方もインプラントで固定できます。
ただし、骨の量が足りない方の場合は治療が難しくなります。また、傷の治りが悪い方や、骨粗鬆症が進んでいる方にもお控えいただくことがあります。
自費治療ではセラミック(陶材)を含む自由な材料選択ができるため、保険よりも見た目のよい被せ物が製できます。

インプラント上部構造

上部構造(被せもの)は患者さんも取り外せるタイプ、診療室で外すタイプ、全く外さないタイプに分けられます。1本から十数本まで様々な治し方があるため、詳しく場合分けはできませんが、どのような仕組みでインプラントと上部構造がつながっているかご紹介致します。

上部構造 ネジで固定するタイプ
インプラントと被せものをネジで固定するタイプで、下側の写真はネジ穴をプラスチックで隠してあります。この様に出来ていると診療室で用意に外すことができ、何かトラブルが起きても対応しやすいので安心です。

上部構造 セメントで止めるタイプ
上の写真はセメントで止めるタイプで、使うセメントの強さによって診療室で取り外したり、外さないようにしたり調節します。
ネジ穴がない分、見た目がよくなります。

奥歯
奥歯は強い力がかかります
全体的に金属で作ると強度があがり、安心して噛むことができます。

上部構造 入れ歯タイプ1
入れ歯タイプ1
入れ歯をインプラントで固定する方法で患者さんも取り外しが可能です。インプラント同士はバーでつなぎます。

上部構造 入れ歯タイプ2
入れ歯タイプ2
入れ歯の裏にはインプラントをつなげたバーに嵌まるクリップのような部品が付いています。

上部構造 入れ歯タイプ3
入れ歯タイプ3
口の中に入れ歯を入れた状態です。見た目は普通の入れ歯のようですがインプラントで固定されています。

上部構造 フルブリッジタイプ
フルブリッジタイプ
こちらも口の中を全体的に治してありますが、取り外しは診療室で行います。

CT撮影

CT撮影安全な手術のために事前の画像診断が不可欠です。現在はCT写真を撮ることで今までのレントゲン写真で確認できなかった方向からの審査が可能になります。

骨の形態、質とその量を把握してなるべく侵襲とリスクの少ない治療を目指します。

骨と結合するまでの期間

インプラント1次(埋入)手術が終わると、しばらくの間、インプラントの周りに骨ができてしっかりと固定されるまで待つことになります。インプラントの性能(表面形状)にもよりますが、最低1.5ヶ月〜3ヶ月待ちます。あとは喫煙であったり、治癒の遅い体質であったり、骨の質が良くない時にその期間を長く設定します。またその期間を短くすると、骨のくっつきが悪くなり、場合によっては再手術になることがあります。

インプラントが難しい場合

インプラントは骨の中にスクリュー型人工歯根(インプラント)を入れて、その上に被せものをする治療法です。ですから骨の量が少ない方は難しくなることがあります。骨の量を少なくする原因は様々ありますが、重度の歯周病や、外傷、また義歯の長期使用などが挙げられます。

上にある写真は左が健康な方のレントゲン写真、右は歯が抜けて入れ歯を長期にわたって使用していた方の写真です。右では黄色い線で囲ってある部位の骨の量が少ないことがわかります。

インプラントを入れるスペースが無い場合、まず骨を作る方法もあります。骨が出来るまでは9ヶ月から1年程度かけるのが一般的ですが、意図的に作られた骨は長期に存在させることが難しいこともわかってきています。

また咬む力の強い方も難しくなります。歯ぎしりや噛みしめによって強い力が加わり続けると弱い部分から壊れていきます。天然歯でも同じことが言えますが、その場合、夜間マウスピースを使うことである程度壊れることを防ぐことができます。

安全性
インプラントの安全性
体内で変化しにくいチタンで出来ているインプラントはアレルギーを起こす事は稀であると言えます。

素材
インプラントの素材
純チタン、チタン合金からなります。チタンは生体内で最も変化が起こりにくい金属の一つです。

研究
インプラントの研究
現在のスクリュー型インプラントが体内に応用されてから約40年の歴史があり、現在も様々なデータが報告、検討されています。

難しい方インプラントの難しい方
骨の中に埋め込むインプラントは、骨の量が少ない方には困難な事があります。骨の状態の把握にはCT撮影が重要です。

インプラントの長期成功のために

インプラント治療の長期的成功には患者さんと多くの医療スタッフの連携が必要です。普段からのお口の管理は患者さんと衛生士、歯科医師の連携が必要ですし、手術の際はお体の状態についてかかりつけ医や麻酔科医との連携も重要です。治療に関わる全てのスタッフが協力します。長い間患者さんのお口の健康が保てるよう一緒にがんばりましょう。

インプラント担当医 佐藤 隆太

ネットでご予約 ご予約・お問い合わせ

歯科用CT

マンガでわかる無料小冊子

診療時間

入れ歯ならバイテック

駐車場60台分完備
ネットでご予約
安心のカウンセリング

歯科求人

サイト監修:マリン歯科クリニック