審美インプラント
  1. トップ
  2. インプラント治療
  3. 審美インプラント

インプラント治療マリン歯科クリニックでは、インプラント(人工歯根)の上部に取り付けるアバットメントを金属ではなく、ジルコニア製のものをお使いいただけるインプラントシステム「ザイブインプラントシステム」を採用しております。

ザイブインプラントは、これまで治療が困難であった無歯顎や骨吸収の進んだ顎堤に対する「機能修復」のための適応だけでなく、「審美修復」の概念で開発されたインプラントシステムです。

ザイブインプラントの特徴

インプラントの新たなプレステージへ。
望み得る最高の素材と最新テクノロジーから生まれた、新しいインプラントがあります。その名はXiVE(ザイブ)。インプラントに求められている優れた審美性と、信頼性、そして治療期間の短縮化というテーマをも同時にクリアした、まさに次代のインプラントです。

審美性の高いインプラント

酸化ジルコニウム先端素材であるジルコニア製のアバットメント(人工支台)を用意しております、特に前歯においては優れた審美性を回復することができます。*酸化ジルコニウム製アバットメントとフレーム(別途用意)を使用することにより、金属を使用しないオールセラミックによる補綴物の製作が可能となります。

開発の歴史

開発の歴史Prof.Dr.W.Schulte(テュービンゲン大学)らを中心に1974年から開発された「FRIALITテュービンゲンインプラント」を起源とした、実績のあるドイツ製のインプラントシステムです。ヨーロッパでは最も多く使用されているインプラントのひとつです。
*現在国内では以下の大学で正式採用されております。

  • 神奈川歯科大学
  • 慶応大学
  • 日本歯科大学新潟
  • 山梨大学
  • 福岡歯科大学

直径3.0mmのインプラント

直径3.0mmのインプラントを使用することで、骨移植を行わずに埋入が可能となるケースもあります。そして、1ピースインプラントのように補綴に妥協することなく審美的な修復を行えます。特にスペースに限りのある上顎側接歯・下顎前歯部に対応できます。

表直径3.0mmのインプラント

骨質によらない初期固定性

骨質によらない初期固定性ザイブインプラントシステム特有の埋入窩形成手順と、歯頚部分の形態がフレア状に広がっている独特のインプラントデザインとネジ山の形状が、インプラント埋入時に周辺骨をコンデンスし骨密度が低い場合でも安定した初期固定が得られます。

豊富な補綴パーツ

豊富な補綴パーツこれまで治療が困難であった歯が1本も残っていない状態でも「しっかりと噛める」ことを実現するだけでなく、「審美的に修復」することを目指して豊富なパーツを用意しております。高い審美要求に応える酸化ジルコニウム製アバットメントをはじめ、カスタムジンジバルフォーマー用のアバットメントまで、さまざまな症例に適した補綴パーツが豊富にあります。

また、フィクスチャーにあらかじめ装着されているプレイスメントヘッドは、即時または早期負荷を行うための暫間補綴用の支台としても利用できます。

表面性状について

骨再生に最適な表面性状デンツプライフリアデント社では、治癒期間の短縮を可能にするために大学などを含めたプロジェクトを立ち上げ、生体親和性の高いインプラントの表面性状について研究し、インプラント表面での骨再生に最適な表面性状を開発することに成功しました。

⇒動画「Plus表面への骨芽細胞の付着イメージ」をご覧ください。

接合様式

接合様式フィクスチャーと補綴物の支台部となるアバットメントの連結部は、高い加工精度により施された深い(3.4mm)インターナルコネクションのHEX(6角)回転防止機構により確実に接続され、スクリューで緩みなく固定(24Ncm)されます。この接合部はフリアリットインプラントと同様であり、長い臨床実績によりその有用性が証明されています。

⇒動画「セルコンアバットメント」をご覧ください。

ジルコニア製 アバットメントのメリット(特徴)

ジルコニア製 アバットメントのメリット 優れた審美性

優れた審美性

ザイブのインプラント治療の場合 一般的なオールセラミックスのインプラント治療
ザイブのインプラント治療の場合 一般的なオールセラミックスのインプラント治療

アバットメントがジルコニア製を選択できます!

ジルコニア白いので黒ずんで見えることなく、審美的に優れています。また安全性・耐久性にも優れています。

アバットメントが金属製だと・・・

ジルコニア歯肉が薄い場合や退縮した場合に金属の色で黒く見えてしまう。

一般的には金属色なので、歯肉粘膜が薄い日本人では、金属製アバットメントの場合だと色が透けてしまう場合があります。しかし、このジルコニアセラミックス製アバットメントであれば、歯の色に近い白色のアバットメントであるため、歯肉も健全な色の状態のまま天然の歯と同じように審美性が優れた治療が可能になります。
またこのアバットメントと人工歯にセルコン ジルコニア セラミックスを使用することで、金属を使用しないオールセラミックスによる補綴物の制作が可能となります。

ジルコニア製アバットメントのメリット

  • 歯の色に近い白色のため歯肉に透けない。より美しく自然に見える。
  • 細菌の付着が少なく衛生的。
  • 金属を使用しないオールセラミックス治療が可能。

高い強度と長期安定性

酸化ジルコニウムとは曲げ強度が900MPa、弾性係数が210GPaと非常に高い素材です。従来の酸化アルミニウムは、経年変化により破折の危険が生じる強度まで落ちてしまいますが、酸化ジルコニウムは、結晶構造が緻密なため、耐久性耐腐食性に優れています。

結晶構造耐久性と耐腐食性の図

高い安全性

表面の違いジルコニアアバットメントを使用した場合、衛生面においても大きな特徴があります。
ジルコニアセラミックスは、一般的にアバットメントの材料として使用されているチタンよりも、表面が滑らかなため細菌の付着が少なく、インプラント治療のように衛生面でのメンテナンスが要求される場合などに適した材質といえます。

(左上|酸化ジルコニウム; 細菌の付着があまり見られない。)
(左下|純チタン ; 細菌の付着が多く見られる。)

高い信頼性

ザイブインプラントを販売しているデンツプライ三金社は、120年の歯科医療における企業実績、世界での臨床実績、世界120ヶ国に広がるネットワークにより、高品質な製品・サービスを長期的に提供できます。

ページ先頭へ戻る

ネットでご予約 ご予約・お問い合わせ

歯科用CT

マンガでわかる無料小冊子

診療時間

入れ歯ならバイテック

駐車場60台分完備
ネットでご予約
安心のカウンセリング

Powered by 口コミ病院検索QLife

サイト監修:マリン歯科クリニック