審美歯科
  1. トップ
  2. 審美歯科

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン天然歯と区別が付かないほどのセラミックのかぶせ物です。特に強いセラミックを使用し、金属の裏打ちもないため、全く天然の歯と変わりなく被綴ができ、裏から見ても白いものです。

ファイバーコアとオールセラミックスの組み合わせで天然の歯と区別がつかないほどきれいに修復することが可能になります。

補強のための芯(神経をとった歯に対して)

神経のない歯の場合、オールセラミッククラウンなどのかぶせ物をするためには、補強の為の芯が必要となる場合があります。

ファイバーコア

ファイバーコア従来の金属製の芯だと光の具合でなんとなく金属の冷たい感じが被せ物を通して見えてしまうことがあります(特に日本人のように歯と歯茎が薄い場合)。

ファイバーコアは金属製の芯と同等の強度を確保しつつ、白い材料のため光を透過させても天然の歯と同じように見せることができる材料です。

メタルボンドクラウンについて

メタルボンドクラウン金属の枠組みにセラミックを焼き付けて作る冠です。主に前歯に行います。自然な感じで美しく、耐久性もあります。強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能なのですが、経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる場合があります。

また元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがあります。

オールセラミッククラウンとメタルボンドクラウンは金属の裏打ちがあるかないかが特徴で、それぞれに利点があります。

ページ先頭へ戻る

セラミックインレー

セラミックインレー

前歯だけではなく奥歯の銀歯などが目立って気になるので白くしたい、また金属アレルギーが気になるというケースがあります。

そのような患者様へは、ハイブリッドインレーもしくは、セラミックインレーという詰め物の材料を用いたインレー治療をご紹介いたします。

銀歯以外にも黒い詰め物(アマルガム)は近年アレルギーが問題視されており、特に除去をおすすめしております。

セラミックインレーについて

メリット

  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない

デメリット

  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある。
    (セメント固定後の強度は高い)

ハイブリッドインレーについて

メリット

  • 硬すぎず軟らかすぎず粘り強さがあるためインレー(詰め物)に適している
  • 保険の詰め物と比べ唾液の吸収が少ない
  • 保険の詰め物と比べ変色が少ない
  • 適度な硬さで対合歯に優しい

デメリット

  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る
セラミックインレーはどれくらいもちますか?
定期的なメンテナンスを行うことで、永年にわたり維持できますが、金属の詰め物と比べるとやはり多少破切などのトラブルは考えられます。しかし一度装着してしまうと比較的丈夫です。
10年以上何の問題もない方も多くいらっしゃいますが、患者さんの噛み合わせなどにより個人差はあります。
ハイブリッドインレーはセラミックインレーとどう違うのですか?
セラミックインレーと比べると、やっや透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いです。ハイブリッドインレーは適度な粘り強さを兼ね備えていますので、噛む力の強い奥歯の詰め物には最も適しているといえます。

ページ先頭へ戻る

ホワイトニング

当院ではお気軽に歯を白くすることが出来るオフィスホワイトニング、及びご自宅で行って頂くホームホワイトニングを行っております。

オフィスホワイトニング

歯にホワイトニング用の薬を塗って歯の表面に光を照射するオフィスホワイトニング(オフィスブリーチ)の漂白方法です。

クリーニングをしても効果が見られない、歯の黄ばみやくすみが気になるかた、先天的に歯の色が黄色っぽい、茶色っぽいかた、など、ぜひお試しください。

オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング
アメリカから直輸入したホワイトニング用ジェルと光照射で施術します。

⇒オフィスホワイトニングの流れはこちら

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄ばんでいる歯を漂白していく治療法です。まず歯の表面に無害な過酸化尿素を主成分とした薬を塗り、歯の表面の着色物を無色透明に分解していきます。

治療の手順としましては、まずPMTCにより歯の表面の汚れ(茶渋やヤニ)などをクリーニングにより落とします。

次に患者ごとの歯の形に適したマウスピースを製作致します。そのマウスピースに薬剤を入れ、ご自宅などでお好きな時間に行って頂くだけで歯を白くすることが出来ます。

⇒ホームホワイトニングの流れはこちら

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

ホワイトニングのメリットとしては、まず健康な歯を削る必要が無いということです。
またご自身で使用する薬剤や回数を調節することができます。
セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費もお安いことも挙げられます。

デメリット

ホワイトニングのデメリットとしては、完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって、後戻りをするということです。
また元々歯の色が明るい方は結果があらわれにくいことがあります。

ただ髪の毛を好きな色に染めても、時間が経つと元の色に戻ってしまうように、ホワイトニングも歯の色が気になりだしたら、再度受診することによって、白さを持続する事が出来ます。

ホワイトニングについての施術方法や治療の流れについては、マリン歯科クリニックHPにて詳しく掲載しております。

マリン歯科クリニックHPへ

ページ先頭へ戻る

ネットでご予約 ご予約・お問い合わせ

歯科用CT

マンガでわかる無料小冊子

診療時間

入れ歯ならバイテック

駐車場60台分完備
ネットでご予約
安心のカウンセリング

歯科求人

サイト監修:マリン歯科クリニック